就活における面接で気をつけたいポイント

就活を行っていく中で、誰もが不安に思うのが面接試験です。


面接官からどのような質問をされるのか、どのような回答をすればよいのか、言いたいことが伝えられなかったらどうしようなど、考え始めたら夜も眠れないという人も少なくありません。

企業の人事担当としても、面接試験を非常に重要視しており、どのような質問をすれば、会社に利益をもたらす社員を採用できるの、様々な想いを巡らせながら面接要綱を作成しているのです。

さて、就活に成功するためには、会社がどういった人材を欲しいと思っているのかを考える必要があります。

目的に応じた就活の正しい情報はこちらです。

営業職であるならば、話し方が上手い人、技術職であれば手先の器用な人が求められると思う事でしょう。もちろん、これらは間違いではありませんが、面接官はあまり重要視していません。なぜなら、その仕事に関するテクニックや知識は、入社後にいくらでも対応することができるからです。



それよりも、大切なのは仕事に対する熱意であり、真面目な人柄なのです。


つまり、面接官は限りある時間の中で、あなたの人となりを観察しているのです。

そこで、就活を成功させるために、面接で気をつけたいポイントは、正直に自分の言葉で話すことです。
就活面接ともなれば、事前に模擬面接を行ったり、想定問答を考えますが、面接官は、何十人、何百人といった人を面接していますが、大抵の回答は想定の範囲なのです。


それよりも、実直に自分の言葉で相手に伝えようとする姿勢の方が好感をもたれます。



就活となると、少しでも自分を良く見せたいと思うものですが、自然体で挑むことが大切なのです。