現在の就活事情について

就活とは就職活動のことです。世間一般に就活と言われるのは大学生が新社会人になるために行う活動を指します。数年前までは就活氷河期時代と呼ばれ、学生が数多くの面接を受けても落ちてしまい就職浪人する人も多い時代がありました。


その時代に行われていた面接は圧迫面接というものがあり、面接官が学生に対して意地悪な質問を投げかけて適性を見るというやり方がありました。

企業側もそういうやり方で振るいにかけなければ良い人材を獲得することが難しいと思っていました。


現在では、出生率が徐々に減少していることから就職活動を行う学生数も減少してきており、企業側が従業員を獲得することに必死な状況となっております。


圧迫面接は最近ではほとんど行われておりません。



なぜならば企業のイメージをマイナスに受け取られてしまう危険性があるからです。



数年前までは企業が学生を選択する立場でしたが、現在では学生が企業を選択する立場に逆転しているのです。

その為、就職したい学生にとって有利な時代と言えます。
人気のある航空業界や広告業界では競争は変わらず激化しておりますが、運送業や建築業では学生の獲得に苦労している状況です。
学生時代は知ってる企業と言えばテレビや広告で目にするものということで限られており、広く宣伝していない企業は不利な状態になっております。

学生にとっては企業を選択できる立場にいますので選択肢が広がり、広い視野で企業選びをすると良いでしょう。